はむはむ英語ブログ

英語の勉強blog

first time ever 〜初めて〜

first time everは、「初めて」という意味になります。 例) Yesterday was the first time ever that I fell down. 私が倒れたのは昨日が初めてだった。 everは、「かつて」や「これまで」という風に訳されることが多いですが、正確には「どの時点において…

deceiveとlieの違い

deceiveとlieはどちらも嘘をつくという意味です。 ですが、重みが違います。 deceive・・・欺く lie・・・嘘をつく deceiveの方が悪意があります。 "deceive" is more bad than "lie" (deceiveの方がlieより悪い)

clear / obvious / evident

clear / obvious / evident どれも「明らかな」という意味で訳されます。 しかし、しょっとしたニュアンスの違いがあります。 clear・・・物事がはっきり分かる場合に使用する obvious・・・見た目上、明白である場合に使用 evident・・・事実や証拠に基づい…

be capable of doing

be capable of doingは、doingする能力があるという意味です。 する能力があるということなので、能力的にdoingすることは可能でしょうというニュアンスで過去に達成したことがあるケースでは使われない。 be perfectly capable of doing とすることで、doin…

抗議の嵐を引き起こす

抗議の嵐を引き起こすという表現を英語ですると、このようになります。 provoke a storm of protest. provokeは、引き起こすやイライラさせる、怒らせるという意味。 stormは、嵐という意味。 protestは、抗議という意味。

turn on/off

turn on/offは何かのスイッチをオンにしたりオフにしたりする時に使います。 I trun on the TV. (テレビをつける) I trun off the TV. (テレビを消す) I trun on the heat. (暖房をつける) I trun off the heat. (暖房を消す) I turn on the light. (電気を…

affect と effect

affect と effectは、似たような単語で似たような意味を持っているので間違いやすいです。 両方共、動詞としても名詞としても使います。 <動詞> affectは、影響を与える effectは、もたらす、成し遂げる <名詞> affectは、感情、気質 effectは、効果 affect…

具合が悪そうな人に声を掛ける

Feel better soon.具合が悪そうな人に優しく声を掛けてあげましょう。 I hope you get better soon.(早く良くなるといいね) Feel better soon. (お大事にね) それに対して病人は、気遣ってくれたことをお礼しましょう。 Thank you for your concern. (お気遣…

突然の意味を表す suddenlyとabruptly

suddenlyとabruptlyですが両方共、「突然に」という意味を持っています。 使い分けですが、suddenlyはどんなときでも使えます。 abruptlyは、どちらかと言うとネガティブなニュアンスで用いられることが多いです。 abruptという単語には、「ぶっきらぼうな」…

findは「分かる」や「理解する」という使い方もする

findは、「~を探す」という動詞ですが「分かる」や「理解する」と言うような使い方もします。 I found it difficult. (私はそれが難しいとわかった)

接続詞って?

接続詞は、文と文をつなげるもので接続詞の後ろは「主語 + 動詞」で始まります。 よく使う接続詞 * as * because * but * before * if * since * so * when * where

動名詞って?

動名詞は「~すること」を表します。 I like swimming. (私は泳ぐことが好きです)

前置詞って?

前置詞は、名詞の前に置くもので時間や場所などを補うために使います。 同じ前置詞でも場所や期間を表したり使い分けがされます。 <前置詞 in> inは、空間や時間の中にいることを表します。 He is in his house. (彼は家の中だ) I am study in August. (私は…

副詞って?

副詞は、名詞以外を修飾するものです。 名詞を修飾するのが、形容詞でしたがそれ以外のものは副詞で修飾します。 副詞は例えばこんなものがあります * very * hardly * too * always * often * never とても(副詞)強い(形容詞) very strong

end upの使い方

end upとは、「結局〜になる」という意味になります。 ネガティブなイメージで使われることが多いです。 I end up an villain. (結局、悪人になる) もちろん、ネガティブではない使い方もできます。 I end up an announcer. (結局、アナウンサーになる) end …

形容詞って?

形容詞は、名詞を修飾するものです。 修飾するということは、情報を足していくということです。 名詞の特徴を添えてあげるのが、形容詞になります。 形容詞は例えばこんなもの ・明るい ・硬い ・遅い ・悪い ・財務の 赤い(形容詞)傘(名詞) red umbrella

lookとlook likeについて

どちらも「〜のようにもえる」という使い方ができます。 ただし、文章の構造によって使い分ける必要があります。 look + 形容詞 lookを使用する場合は、形容詞とセットで使います。 He looks tired. (彼は疲れているようにみえる) He looks busy. (彼は忙し…

because ofの使い方

becauseは接続詞なので、主語と動詞を後ろに置く必要があります。 I was late because it was raining. (雨だったので、私は遅れた) because of(~のせいで)は前置詞なので、後ろに名詞か動名詞を置くことになります I was late because of raining.(雨のせい…

範囲を表すfor

forは、範囲を表す使い方ができます。 You are responsible for this project. (あなたはこの企画に責任を持っている) responsible for ~ で ~について責任があるという意味になる。 forで範囲を表しているので、この企画の範囲でということになります。

hardとhardly

hardとは、形容詞や副詞として使われ、硬いや一生懸命・熱心などの意味で使われます。 haldlyは、準否定語の副詞で、ほとんど~ないという意味で使われます。 似ている単語ですが意味が全く異なります。 He works hard. (彼は一生懸命働きます)He is hardly w…

chargeの使い方

chargeは様々な使われ方をします。 請求する、非難する、告発する、(責任を)負わせる、課するetc... chargeの語源は、荷車に荷を積むこと。 つまり、入れ物を満たしたり,何かに対して負荷をかけるという意味になった。 I charge electricity for my smartph…

relateの使い方

relateは、動詞で...と関係があるという使われ方をする。 relateは、親戚であるという使われ方もします。 I'm related to you. (私はあなたと親戚です) または I and you are relatives. (私はあなたと親戚です) 〇〇関連という使われ方もします。 Contract-…

初投稿

2年後にTOEIC 900点を目指し、頑張りたいです。 日々学んだ、英語のことをまとめていきます。